スコープドッグ21Cこだわりポイント最終回

(有)RCベルグ様より私が原型製作を担当致しましたスコープドッグ21Cの再販受注締め切りは本日2月26日23時59分です!!あと12時間になります!
http://www.rc-berg.co.jp/products/gallery_votoms_scopedog21c.htmlまだお申し込みの御済でない皆様宜しくお願い申し上げます!!

スコープドッグ21Cこだわりポイント最終回は脚部です!各画像の下の文章が解説文になりますのでお間違得ないようお願い致します。

7
降着姿勢や脚部の可動域を広げる為の処置としてAの溝によって装甲Bが若干移動できるようになっています。
Cなどの裏面は極力ゴチャゴチャせず、トラブルの原因になるので不用意にメカ部が露出しないようしっかりとカバーされています。

2
装甲をハネ上げると脚部メインフレームに可動補助のマッスルシリンダーが入っています。井上幸一氏より「マッスルシリンダーは円柱状だけと限定したことはない」という一言を受けてスタッフで協議し円形は維持していこうとシリンダーを輪切りにしたような形状の物になりました。

6
8
赤線で囲われている部分ですが、膝パッドアーマーの性質や形状から導き出される生産方法を考慮するとこの赤線部分は膝パッドアーマーと一体というのはどうなんでしょうね?となりまして、膝パッドアーマーから分離させてこの赤線部分で囲んだ部分は脚部メインフレームと一体構造としました。この部分は膝パッドアーマーの裏側までありまして、膝パッドアーマーを取り付けるフレームの役目も兼ねております。

3
劇中を見る限りアーマード・トルーパーの最も負荷のかかる部分が足首(関節含む)であり消耗も激しく整備の度合いも頻繁であろうことは容易に想像できます。それなりに耐久性は考慮されているはずですが可動、グライディングホイール、ターンピックなど荷重や高熱が発生する部分が多くアーマード・トルーパーで一番トラブルが多かった箇所ではないかと思います。
Aは内側にも外側にも付いている放熱用のスリットです。このスリット部分は穴の開いていない部品と交換することも可能という設定です。作戦や地域性などを考慮して部品交換されるといった感じです。この部品を外すと大きな穴が開き剛性に問題が生じますが穴の開いている状態で剛性を計算された設計になっているので問題ありません(当然穴の開いてない方が剛性は上がりますし、ここにこの機構のない物も存在します)
Aは外側はグライディングホイール回転時の熱を放出するのに用い、内側はグライディングホイールを稼働させるための3連プーリーの熱を放出させる為に用います。Bはボトムズファンの皆様は御存じの通り設定画にも描かれているターンピックに連動している部品です。ターンピックを使用するとこの部品もターンピックに合わせて下に降りる仕組みですが、突き抜け防止にBのストッパーとしてCを設定しました。Dはターンピック使用時に発生する熱を前後に放出する為のスリットです。

%e8%b6%b3%e9%a6%96
%e5%86%85%e9%83%a8%e6%96%ad%e9%9d%a2
足首に付いている三角形のユニットは2パーツ構成で構造図(雑ですみません(汗))のようになっており、内側の画像にある赤線部分内側が構造図の青線部分にあたります。
三角形のユニットは内側にはグライディングホイール稼働用のプーリーが入っています。ベルトで稼働させるコストがかからない単純な機構です。外側のターンピックユニットは取り外し可能なユニットでB面の内側から固定されています。B面に開いている小さな穴は内部の物を固定している固定具用の穴で、ここもどういう機械がどのように収まっているか検証してその上で穴をあけています。

以上駆け足で少々乱暴な解説ですがお許しください(汗)もう少し細かく丁寧な解説が出来る時間があればいいのですが(汗)

スコープドッグ21Cこだわりポイントその4

(有)RCベルグ様より私が原型製作を担当致しましたスコープドッグ21Cの再販受注締め切りがラスト1日となりました!
http://www.rc-berg.co.jp/products/gallery_votoms_scopedog21c.htmlまだお申し込みの御済でない皆様宜しくお願い申し上げます!!

こだわりポイントその4は腕です!

3
アームパンチ機構再現に当たり設定画で見えているシリンダーが2本入っているのか1本なのかで意見が分かれました。このスコープドッグ21Cでは『地球っぽさ』を嫌いシリンダー(A)を楕円形にしてあります(残念ながら昔のHONDAのバイクでフロントのシリンダーが楕円形なのが存在していたのですが)設定画の角度では似たような形状に見えるように調整してあります。アームパンチ用カートリッジを差し込んだままこの画像のようにアームパンチ機構を再現できます。サイドスカートのマガジンのアームパンチ用カートリッジは全てバラバラで腕に差し込めるようになっています。
アームパンチのせり出す箱部分(B)は強度がかなり必要になる部分ですので一体成型であるはずなのでこの箱には余計な一切モールドを入れておりません。

2
手甲のアーマーもスカート類と同じで衝撃吸収パッドがついており、構造もフレームに装甲をリベット留めする構造となっております(当然ながら表のリベットと裏面の穴はシンクロしています)

1
肩ですが、肩アーマーにシャックルが直で付いているのが気になって肩内部インナーブロックから太めのフレームを生やして肩アーマーの穴からフレームを露出させてそこにシャックルを取り付ける構造にしました。
本来は肩アーマー接続用フレームにも表のリベットに合わせた穴をあけたかった所ですがここはタイムアウトになってしまって断念しました(涙)

4

5
拳は『殴る』『銃器をつかむ』ことを最重要にした物として造形しています。赤線の部分にヘビーマジンガンのグリップが手の平の出っ張りにしっかりと収まりズレないようになっており、火器類のグリップの太さは全て統一規格になっているという設定としています。

6
殴るさいにも指先の甲部が手の平の出っ張りにピタッと当たって補強する構造になっており接触部分を一定にして殴る力を均等に拳にかけてエネルギーを効率的に相手に打ち込めるように配慮しています。大きさについても殴るつかむはもちろんの事その上で腕だけで自重を支えることができる(自重を吊り下げることができる)という条件をクリアするために様々な角度から検証考察した結果の大きさになっています。

さて次回脚部で最終回です~

スコープドッグ21Cこだわりポイントその2

12月26日(有)RCベルグ様より私が原型製作を担当致しましたスコープドッグ21Cの再販受注がスタート致しました!今回7年ぶりの再販です!
http://www.rc-berg.co.jp/products/gallery_votoms_scopedog21c.html
皆様宜しくお願い申し上げます(笑)

今回のこだわりポイントその2は『上半身』です。

%e3%82%bf%e3%82%b3%e8%83%b8%e6%af%94%e8%bc%83
Aの部分ですが、これは人間でいう所の背骨にあたる部分で強度的に言えばここの部分の強度は全身の中でも1~2番の強度を持っている部分で、ここはプレスではなく金属の無垢から削り出しで作られていると想定しています。
この背骨部分はシートのステーや下半身との接合用フレームもかねており、ここが歪む程の衝撃を受けた場合はパイロットの生存率は10%以下となりAT自体も廃棄処分となります。

Bの部分はポリマーリンゲル液のタンクとなります。反対側にもあります。これは上半身用で下半身や脚部はまた別にタンクがあるという事になっています(腹部側面の装甲を外すとタンクが見えます*画像2参照)

右側の画像で赤線で囲われている部分ですが、これは胸の開閉する天板装甲部分が上から何某かの衝撃など(ここを上からATに殴られるとか)を受けた際にこの天板装甲部分がコクピット内部に落ち込んでくるのを受け止める為の段差です。
この部分は何もない立体物が多く、この天板部分がちょっとした衝撃?でコクピット内部に沈み込んでしまっている立体物を見るたびに自分でスコープドッグを作る時は必ずこの天板受けになる部分を作ろうと決めていた部分です。
普通に考えてもパイロット保護の観点からこの段差は有ってしかるべきと思い、僕の方で提案させて頂きました。当然これで全ての攻撃に完璧に耐えられるわけではありませんが、何もないはずがない部分をそのままにしない、機能や構造を考える等こういう事の積み重ねがリアリティや機械としての解像度を上げていくポイントなのです。こういう段差の作業は機体側面などにもそこかしこに果たしてあります(*画像2参照)

画像2
dsc00020

画像3 天板装甲裏面
dsc00021

画像4 天板装甲閉口時
dsc00002

画像3天板装甲裏面の水色線のまっすぐになっている部分ですが、通常のスコープドッグの設定画ではここは普通に丸くなっています。なぜここをDカットしたのかといいますとコンソールとスティックが乗降時に天板装甲が閉まっている状態の時にこの前側の部分が丸だとコンソールとスティックが当たってしまうからです。1/24パイロットフィギュアの拳よりコンソールとスティックのサイズを割り出した際、最低限元設定との整合性をとっていくとどうしても物理的に矛盾が生じることがわかりここをDカットすることで操縦時の自由度(画像4参照、スティックと前側にかなりの隙間を確保できた)も確保した上で乗降時に差し支えないようにしました。

画像3天板装甲裏面の赤線部分は上記に記しましたボディシェル部分の段差とかみ合う段差です。

又表から見てスコープドッグの首にあたる部分の裏面にはパイロット保護の一環として衝撃吸収パッドを取り付けてあります(画像4参照)白色の部分がパッドです。解釈によってはここを覗き窓とする説もありましたがここに『穴』が開いている事に対し剛性面での違和感を感じましてここはパイロット保護、剛性確保の観点から金属の無垢からの削り出しによる部品とし、様々な衝撃によりヘルメットが金属部分と極力、直接接触しないようにという事を考慮して衝撃吸収パットをつけるに至りました。

画像5 機体フレームナンバー
_kmc0306
黄色い線で囲われている部分は各AT1機1機に固有に割り当てられたフレームナンバーでスコープドッグが1万機あれば1万通り、10万機あれば10万通りの番号が存在します。まさに車のフレームナンバーと同じでアルファベットと数字の組み合わせで構成されています。この番号で軍が機体管理などをおこなっており、廃棄処分になった番号は2度と使われることはありません。このモデルに彫られている番号は僕が手彫りで彫っています(笑)アストラギウス文字を1文字1文字デザインナイフで彫り込んでい行きました。今回のガレージキット製品には当然ながら全て同じ番号になっておりますが、いったん埋めて自分の設定で手彫りで彫り直すもよし、3DソフトやCADソフトでプレート事作り直すのも良いでしょう~

%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ba-006

%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ba-004

%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ba-008

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%bf%e3%82%b3-037

%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ba-005%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ba-004

これらの画像はボディシェルを造形している時の画像です。(株)バンダイ様の1/20スコープドッグはこの状態のフレームを参考に機体構成を行っております。スコープドッグ21Cの企画が立ち上がったのと(株)バンダイ様の1/20スコープドッグの企画が立ち上がった時期が近接していたので(株)バンダイ様の当時の担当者である狩野氏へスコープドッグ21Cチームから資料などをお渡しさせて頂きました。

dsc00004

dsc00006

dsc00024

上記画像はコクピット内製作途中画像となります。今見ると色々なマテリアルで製作していたんだなと思いだしました(笑)コクピット内も元設定画稿はリスペクトした上で細かな調整をはかっております。上記ボディシェル記事でも少し触れましたが、ペダルやコンソール、シート形状など全て1/24のフィギュアで検証してから各部の大きさなどを決めております。180㎝クラスのパイロットが操縦しても最低限の操作性を確保できるようにしてあります。

本当はもっともっと書きたいところですが、意外に文字読む方が少ないので(苦笑)今日はこの辺で失礼させて頂きます~
伝わりずらい解説などありました時はお申し付けください。後日補足説明させて頂きます~
解像度の悪い画像にお付き合い頂きましてありがとうございました(汗

小松原