FAZZ画像公開

こちらもお待たせしてしまったFAZZの画像です(汗
こだわりも何も書いている時間さえなくなってきてしまいまして(汗
中に入るZZガンダムは最新版へ更新してアーマーを着せた時にはセン
チネル臭漂うFAZZになる事。それが今回のお題です。

アーマー類は基本接着ですが上手い事改修して頂ければ着脱も可能にな
ると思います。ZZガンダム本体から外す部品はごくわずかです。それ以外
はZZガンダムにアーマーパーツを着せていく感じです。
ZZガンダム本体のふんどしの前側とサイドスカートだけは交換になります。
この辺は設定の記述がバラバラな部分の帳尻をわせきれなかったので交換
式にしました・・・この辺はまた今度書きますね・・・

img_0401

形状には最小限にしか現れてないですが、ハイメガランチャーのベルト
は何なのか?なんていう部分もしっかり考えました。
エネルギー供給用ベルトという説がありますが多分違うでしょう。
ハイメガランチャーのベルトもお腹のメガキャノンのパイプもリアスカ
ート上に装着されるメカパーツに接続されていますが両方の高出力兵器
のエネルギー供給をあのメカ部分だけでまかなっているとは到底思えま
せん。あの大きさですからハイメガランチャー自体にジェネレーターや
エネルギーなどは入っていると考える方が自然ですね。兵器の大きさを
簡潔に説明する上でもね。であのベルトは何なのか?これはあくまでも
僕の考察結果ですが、あれは冷却用のベルトです。ベルト内にはインと
アウトのラインが通っていてお尻のメカ部分が水冷か油冷式の冷却器と
してお腹のメガキャノンの冷却も行っているのでしょう。
ハイメガランチャーも腹部メガキャノンも攻撃性能を特化させてしまっ
たあまりスペースが確保できずに外部に冷却をおくことになった。
そんな感じではないでしょうか。
ああ~また長くなりました(汗
こちらもイベント前日なので一旦この辺で(汗

img_0483

img_0492

img_0403

img_0472

 

img_0467

 

強化型ZZガンダム画像公開

大変遅くなりまして申し訳ございません。
強化型ZZガンダムの画像です(汗
今回のZZガンダムの事、つらつらっと書かせて頂きます。
文章がつながってなかったりとか出てきますがその辺は御愛嬌
って事で(笑
まぁ長いのでイベント終了後にでもゆっくり読んでください(笑

img_0501

HGインスト画稿他カトキ氏のイラスト3点、GFFやKaシグの開発
画稿や中の人、そして最新のマスターグレードVer.Kaなど存在する
カトキ氏リファインZZガンダムの資料を用いてリミックス版を製作
というのが今回のZZガンダムです。

僕自身3度目のZZガンダム造型という事もあるのと、それをFAZZにす
るという2重のゴール設定でしたのでベースになるのは当然カトキ氏
のリファインしたZZガンダムという事になりました。

個人的にはKaシグの中の人のプロポーションが好きなのですが、マスタ
ーグレードVer.Ka開発用画稿のZZも良い感じで頭身バランスはマスター
グレード用画稿ベースでいくことに決めました。
そこにHGインスト画稿の形状を落とし込んで細身のHGインスト版にすると
いうのをメインの題材に据えています(細身というのはHGインスト画稿と
比較してという事ですね)

ZZガンダムは細めが好き。これはマスターピース版ZZガンダムから一貫
して変わっておりません。ですが、よ~~~~~~~~~~く注意して
見て頂きたいのは今回のカトキ氏リファインリミックス版は細身と言え
どマスターピース版とは全く異なるプロポーションになっている点です
(マスターピース版ZZガンダムなんてはるか昔で忘れちゃったとか知ら
ないって人が多いかな)まぁそれは当然と言えば当然なのですけどね(笑
最終的にはFAZZになるので。

777

カトキ氏画稿とは関係ない部分でのこだわりもあります。過去のカトキ
氏のイラストの中には大気圏内の空に漂うZZガンダムのイラストがあり
好きな1枚なのですが、それができる為のその辺を考慮して(空での性能
面ですね)全ての翼は翼面積を元の画稿よりも1.25~1.35倍にしていた
りベル型のメインスラスターの内部ディテールを『大出力』だと思わせ
るディテールを詰め込んでいます。Sガンダムとは違うチームによる開発
ですし機体の運用思想なんかも違いますし何よりどちらも『試作機』で
すから同じスラスターを用いていなくてもよいはずなので。
今回ベル型ノズル内部で新規デザインに伴い角型バーニアスラスターの
一部もデザイン更新しました。模型の物は動きませんが機能的には可動
式で中央と上下(又は中央と左右)に噴射口が付いている3次元ノズルです。

この新規デザインの角型バーニアスラスターはZZガンダムにおいては
カウンターバーニアや補助推進などに使用する為の物という役割に決
めていますが、高出力なので軽量な機体のメインスラスター部に使用
する事も出来る物としています。
アニメメカ物によくある『普通のスリット型』の角形バーニアスラス
ターも混在していますがそこは今回の新規デザインの角形バーニアス
ラスターとの形状や大きさの相性が悪い部分だったり、そもそもの役
割が違う(Sガンダムのスネ横にある放熱用ベンチレーター)物だった
りするので今後はその辺の明確な差別化をどうしていくかが課題かと
思うのですが、今もその辺はガンダムの世界観はあいまいな感じなの
で焦らずに考察、デザインしていきたいと思います(笑)

もっと書くべきことがあるのですがイベント前日なので一旦この辺で
失礼致します(汗)

img_0500

C3AFA新作情報第4弾

C3AFA新作情報第4弾
1/144 MSZ-010S 強化型ZZガンダム 23,000円
専用水転写デカール付属
原型製作:小松原博之

小松原氏自身、3度目となるZZガンダム造型。
存在するKa系ZZ資料(イラスト、画稿、立体物等)を元に
形状やバランス、ディテールを小松原氏が独自に取捨選択し
融合させたKa系ZZガンダムの集大成的作品に仕上がりました。
HGインスト版タイプのつま先と通常版タイプのつま先の
2種付の他、恒例のフェイスも2種付です。
ベル型ノズルや角形スラスター、角形バーニアの
内部デザインを10年ぶりに更新し、ガレージキットの
醍醐味でもある細部造型も一切の手抜きを廃した
ZZガンダムを是非その手に!

 

サンプル画像は明日公開予定!!

5

2

 

1

↓既製品はFA-010Aと入りますがあまりカッコ良くないのでTASK FORCEαとしました。

1111