スコープドッグ21Cこだわりのポイントその1

ブログ放置で申し訳ございません。

12月26日(有)RCベルグ様より1/24スコープドッグ21の再販受注がスタート致しました!!ご要望を多く頂いていたのですが中々実現できず今回7年ぶりの再販となりました~
http://www.rc-berg.co.jp/products/gallery_votoms_scopedog21c.html

これから3回くらいにわけて1/24スコープドッグ21の造型のこだわりポイントを簡単にご紹介させて頂きます。
第1回目は軽く頭部のこだわりポイントです~

112
頭部そのものの直径と曲率を決めるのにかなり悩みました。まずは井上氏より『何をしてもOK』という許可の元にお預かりしていた某社の大きなスコープドッグや1/24のプラモデルなどを切り刻みサンプルを5つほど試作。その当時色々とファンの間で議論されていた『カッコイイスコープドッグの頭部』について様々な角度でのリサーチもしました。その上で手原型によるオール新規のサンプルを2個試作して最終的に今の物になりました。
頭部の直径や曲率の決定にさいして当然ながら胸部の幅なども重要なポイントになりますので胸も同時作業で進んでいたのは言うまでもありません。
次いで苦労したのがバイザー最上部から頭頂部までの距離(青い矢印)頭部ドーム底辺からバイザーの高さ(水色矢印)3連レンズ最上部からバイザー最上部までの距離と各レンズ間の距離と各レンズの直系。
ここはスコープドッグの表情を決めるとても重要な部分でしたので本当に悩みました。各レンズ部分は直径の異なるレンズ部品の試作品を各3通り程製作しまして今の物に至っております。

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%bf%e3%82%b3-018
活動記録用に撮影しておいた画像です。これはボツになった試作品です。メインカメラの直径に対してBとCが少し大きいのでは?という事から廃案となりました。


レンズなども内部構造をはじめメンバー全員で意見を出し合い細かなこだわりポイントがちりばめられております。

_kmc0218
僕が意見を出させて頂き採用されたアイディアの1つがこのレンズ部分の溝です。画像の解説にありますように溝が後方へ行くにしたがって深くなっており雨や泥水などがかかった時にレンズサイドにそれらが流れるのを軽減する為の処理です。製品には付属しませんが(汗)実はこの作例に使用しましたこのメインカメラの部品はアドラーズネスト社様に発注してアルミで製作して頂いたものです(笑)
このセクションは他にも僕の意見が採用されておりまして、立体物には大きさの都合上反映されておりませんがペールゼン・ファイルズ第一話にてスコープドッグの頭部にかかった泥水を洗い流す為のレンズクリーニング用ウォッシャーがそれです(笑)

ザックリでございますが頭部こだわりのポイントはこんなところでしょうか~

インスト訂正のお詫び

C3TOKYO2017にて販売させて頂きました『νガンダム』『Hi-νガンダム』のインストに誤りがありました。
ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんでした。

足首の組立図内で49番は存在しません。原型発送時に誤って43番に付けたまま納品してしまい一緒に成型してしまいました。
訂正図は下記の通りでございます。

vg_leg_heel_1_1

vg_leg_heel_1_2

C3TOKYO2017 Zplusウェーブライダー出撃準備完了!!

岡プロよりZplusウェーブライダーA1&C1の完成品画像が来ました!!
僕のZplusモビルスーツモードをベースに専用部品を新たに造形または部分改修し製作されたZplusウェーブライダーをご覧ください!!
dsc00265
dsc00263

A1とC1のコンパチ仕様!!こいつも箱パンパンに詰め込まれております!
今回オマケとして僕の原型のZplus頭部マイナーチェンジ版が付属しそこにさらに畳み込むように岡プロがA2用メガキャノンパーツを製作してくれました!
dsc%ef%bd%88

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

スタビのレターは同一の『RNPC』にこの辺何気にニヤリですね~
dsc00251
dsc00259

この他特典としてZplusウェーブライダーお買い上げの方全員にもれなくオマケが付いてきます。2種あって箱の中に手を入れて頂きどちらか手に入る感じです。出力品そのままですが(汗)